お知らせ
今期白米(令和2年12月〜令和3年11月分)ササニシキ、ハツシモは売り切れとなりました。
新米のご予約はお問い合わせフォームからお願い致します。

Itoshi Iro

{block:ShopPublic}

この地にしかないものを愛でる。Itoshi Iroに込めた想い

標高700mを越える石徹白(いとしろ)の冬はとても厳しく、かつてはお米がほとんど取れない地域でした。
そんな中、人々のいのちを繋いだのは雑穀の稗(ひえ)。江戸時代から続く在来の種「石徹白びえ」に新たな価値を吹き込み、歴史を紡ぐ挑戦をしています。

  • 源流の地だからこそ、繋ぐ想い。

    石徹白は霊峰白山から流れ出る源流の地。上流に集落はなく、手付かずの水が綺麗なのは当たり前です。
    この清流を最初に使う農業者として、自分がどれだけ汚さずに下流にバトンを渡せるか。
    その責任の答えとして栽培には無肥料・無農薬で取り組んでいます。
  • いとしいろ
    泥臭く、正直に。

    「いとおしい」という言葉には、「愛おしい」と「苦痛に感じる」という2つの意味があります。
    百姓が苦労を重ねて農事に励む事も、豊作を祈願し、作物を愛でて踊り、唄う事も同じ「いとおしい」事です。
    「Itoshi Iro」という名前は、昔の百姓を手本に、手間暇かけて丹生込めた野菜作りを大切にしたいと思い名付けました。
    あなたやあなたの大切な人に届くようにと。
  • 私たちについて

    農業という生業を通して、ここでの暮らしを発信しています。

    私たちはご縁があり、岐阜県と福井県の県境にある石徹白(いとしろ)という小さな集落で農業を生業として暮らしています。
    ここにしかない特別なモノをあなたや、あなたの愛しい人に届けるお手伝いをします。

Pick Up ピックアップ

歴史を紡ぐ、在来種「石徹白びえ」と古代米「黒米」からなる
特別な穀物玄米コーヒー

黒稗珈琲/Kuro-hie coffee

¥1,650
この地で受け継がれる稗の物語。
石徹白びえと黒米を黒焙煎した珈琲風味のノンカフェイン飲料。
程よい深みと甘さがクセになる美味しさです。
あなたや、あなたの愛おしい人に。